« 上野/天天楽(麻辣湯) | トップページ | 銀座/銀座ステーキハウス エリュシオン(国産牛フィレステーキランチ150g) »

2014年2月27日 (木)

上野/天天楽(麻辣湯)

Dsc08806 天天楽

今日は所用の後、アメ横へいった。
目指したのは「天天楽」で、12時10分頃であったが御徒町側のテーブルの道側2席のみが空いており、ここに座った。

Dsc08807 メニュ

薬師丸ひろ子に似たお姉さんに暖かいものを所望したら、「麻辣湯」を勧めてくれた。

「チャン・リン・シャン」
感覚的に表現すると、「チャンと尋ねれば、リンとした姿勢で、シャンと答えてくれる。」そういうお姉さんであった。

油条は「麻辛湯」に合うかきいたら、そうでもなさそうな顔つきになった(というか、そういう食べ方はしないのであろうと推察した)ので、「麻辣湯」を単品で注文した。

Dsc08808 麻辣湯

麺は透明で断面は四角形のハルサメのようであった。
結構腰があり、簡単には切れない。
具材は、モヤシ、キクラゲ、エノキダケ、ナルト、厚揚げ、葱、カニ蒲鉾、ウィンナーソーセージなどが入れられており、カプサイシンの効いたスープとお互いが高めあっていた。
なお、帰りがけに「蜂蜜大麻花(練り揚げパン)」の持ち帰りをお願いしたら、生地を練ってから揚げるので15分程度を要するというので、次回にいただくこととして店を出た。

「麻辣湯」は今日の私的には若干少なく感じられたので、オフィスに戻ってから机の引き出しに置いてある「カリントウ」を数個食べたのであった。

Dsc08814 かりん糖

« 上野/天天楽(麻辣湯) | トップページ | 銀座/銀座ステーキハウス エリュシオン(国産牛フィレステーキランチ150g) »

上野(中華)」カテゴリの記事

コメント

迷子の文章は見つからずじまいだったのですね。
再度の執筆、おつかれさまです。
まーらーたんの具材の取り合わせがユニークですね。
案外日替わりでその時店にあるものを適当に入れているのだったりして・・・。
メニューのパンダも本場の味を出すのに一役買っているようですな。

Kabochanさん
昨日書いた文章は、見つかりませんでした。
仰せの通り、具材は日本で手に入るものを巧く使って仕上げているようですね。
それから、中国といえばパンダですね。大人でも引きつけられるものがあるようです。そういう意味では、中国を表わす商標としての価値は絶大ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野/天天楽(麻辣湯):

« 上野/天天楽(麻辣湯) | トップページ | 銀座/銀座ステーキハウス エリュシオン(国産牛フィレステーキランチ150g) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ