« 新宿/更科(天ぷらそば大盛) | トップページ | 遠征/府中市、調布市 »

2014年1月11日 (土)

調布/かれんど(あんかけカリーうどん)

Dsc07569 かれんど

今日は3連休の初日であり、日ごろの運動不足対策のために11時前から歩いた。
その途中、京王線の調布駅前にある「かれんど」という名前の店で昼食を摂った。

店の看板を見ると、「かれんど」はインドカレーの専門店のようである。
しかしながら、店内でメニュを拝見すると、確かにカレーが主体ではあるが、同時にスパゲティ、すき焼き丼、京風親子丼、ハヤシオムライス、なども供されている。

Dsc07555 壁

さはさりながら、「かれんど」がカレーに注力しているのは、その香辛料へのコダワリからも見て取れる。

Dsc07560 使用スパイス一覧(17種類のスパイスを使用)

今回は、初めての入店であるので人気メニュである「あんかけカリーうどん」をいただくことにした。
店主からは、「うどんを煮込むので時間がかかります。」とのコメントがあったが、初志貫徹である。
「あんかけカリーうどん」は人気メニュだけあって、先客も後から来た客も、その50%以上が注文していた。(相席になったお兄さんはチキンカレーであったが。)

Dsc07563001 「あんかけカリーうどん」と「サラダ(キャベツに豆腐が乗っている」 (リングは直径25mm)

Dsc07564001 あんかけカリーうどん

店主夫人(?)から「ご飯」を付けるか問われたので、これもお願いした。

Dsc07566001 「あんかけカリーうどん」と「ご飯」

出てきた「あんかけカリーうどん」は巨大サイズであり、まずその大きさに目を奪われた。大盛が大好きな私としては嬉しい限りである。
店主夫人(?)から、生姜を良くかき混ぜて食べるよう薦められた。
かき混ぜる前にトロミのついたあんを口に含んで見たら、カツオの効いた和風出汁がベースになっており、これにスパイスが複合的に効いたあんであることが感じられた。
確かにスパイスは良く効いているが、辛いことが売りのカレーのように激辛なわけではない。誤解を覚悟で言い換えてみると、「葉隠」のように存在を自ら誇示するものではないが、結局食べ終わってみる頃にその存在の大きさを実感するというもので、スパイスの選択と配合の妙であった。
あんが秀逸であるから、具材も味わい深くなっている。用いられているのは、豚肉、葱、玉葱、が主体であって、加えて干し桜エビがあんに溶け込んでその固有の味を出す段になるとこれが後追いで食感と味のヴァリエーションを広げる。
ここで私見ではあるが極論的に書かせていただくと、店主は具材は必ずしも必要とはされていなかったのではなかろうか、ということである。
すなわち、この料理は和風出汁とスパイスの組み合わせで完成となり、この「あん」だけでひとつの料理が出来上がっていると、店主は判断しているように推察した次第である。

« 新宿/更科(天ぷらそば大盛) | トップページ | 遠征/府中市、調布市 »

調布市(カレー)」カテゴリの記事

コメント

最後の写真を思わず拡大して拝見してしまいましたが、花かつおやゴマもかかっているようですね。
桜えびは海苔といっしょにトッピングされているのですね。不思議な取り合わせに見えますが、長い試行錯誤を経てぎりぎりの絶妙なバランスを保っているのかもしれませんね。調布にもなかなかしゃれた店がありますなあ。

J氏さん、またたっぷり美味しい物を食べられましたね。この日はたくさん歩かれたでしょうから許せますけどね^^。しかし寒い中の散歩は厳しかったでしょう。そろそろ、自転車を見に行きますか。昼食を探すにしても行動範囲が広くなりますよ。

Kabochanさん
観察された通りで、微妙に味を整えるための素材が用いられていました。
ここに至るまでにはかなりのトライアルとそれまでの積み重ねがあったものと推察しています。

Kincyanさん
今は大阪ですか?相変わらず朝が早いですねェ。
今日も大阪で味わえる美味しいものを紹介して下さい。
それから、昨日の貴ブログにコメントを書こうかと思ったけど、考えが纏まらず何も書けませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調布/かれんど(あんかけカリーうどん):

« 新宿/更科(天ぷらそば大盛) | トップページ | 遠征/府中市、調布市 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ