« 銀座 /中華 三原(ニラ炒めライス) | トップページ | 新橋/玲玲(四川風辛チャーハン) »

2014年1月15日 (水)

築地/C’EST CHOUETTE(ランチメニュB)

今日はOBのYH氏と昼食に出かけた。午後は都心でも降雪の可能性があるという寒い中を築地に向かって歩いた。
最初にてんぷらの「中川」に天丼を目当てに行った。入口にあったお品書きを見ると、ネット情報にあった天丼はやっていなくて、4,000円台以上のコースのみとなっていた。思わずYH氏と顔を見合わせて、即刻行先を変えた。

Dsc07693 C’EST CHOUETTE

変更先は2ブロック先にある「C’EST CHOUETTE]である。
店のドアを開けると、開店早々で本日1番目の客となった。窓に面した一番奥のテーブルに案内された。

Dsc07668 窓

ギャルソン氏が持ってきてくれたボードのメニュを見て、私は「自家製パテドカンパーニュ」と「仔羊鶏肉たっぷり野菜のクスクス」、YH氏は「豚舌ポアレじゃがいものエクラゼサラダ仕立て」と「トリップのトマト煮込みグラタン仕立て」を注文した。

Dsc07663001 メニュ

最初にパンが供されたが、丸い方が熱々であって、手のひらで包み込むと暖かくて気持ち良かった。目的と効果は全く逆ではあるが、スチューベングラスのハンドクーラーを思い出した。

Dsc07667 パン

「自家製パテドカンパーニュ」は、付け合せの野菜の淡い葉緑素の味と香りやピクルスの酸味が組み合わさることによって、口中で醸される風味がより良くなった。ワインがあれば申し分ないのであるが・・・。

Dsc07671 自家製パテドカンパーニュ

「仔羊鶏肉たっぷり野菜のクスクス」もこの店では定番の一品のようであり、以前Kincyanさんが注文していたが、自分で食べてみるとその量の多さに圧倒された。
肉は沢山入れられていたが、更に野菜(茄子、大根、人参、が用いられていた)も大ぶりのものが入れられていた。

Dsc07675001 仔羊鶏肉たっぷり野菜のクスクス

一方、YH氏は今日は正統派のフランスビストロ料理の食材を用いた料理を注文されており「豚舌ポアレじゃがいものエクラゼサラダ仕立て」も、「トリップのトマト煮込みグラタン仕立て」も、とても美味しそうに食べておられた。

Dsc07672001 豚舌ポアレじゃがいものエクラゼサラダ仕立て

Dsc07678001 トリップのトマト煮込みグラタン仕立て

デザートは、4種類の中からの選択であり、YH氏はクレームブリュレ、私は新作のミルフィーユを選択した。ミルフィーユの最上面はキャラメルで固めてあり、ナイフでは切り込みすら入れることができなかった。ギャルソン氏のお勧めに従がって、ミルフィーユを横倒しにしてカットした次第であったが、これでもカットしづらかった。付け合せのヴァニラアイスクリームがとても良いコンビネーションとなっていた。

Dsc07687 ミルフィーユ

Dsc07686001 クレームブリュレイチゴソルベ添え

帰りがけに、厨房で立ち働くシェフに、以前来た時には女性のシェフがおられた旨
を話したら、それは奥さんであったとのことであった。

« 銀座 /中華 三原(ニラ炒めライス) | トップページ | 新橋/玲玲(四川風辛チャーハン) »

築地(フランス料理)」カテゴリの記事

コメント

今日は全国的に厳しい寒さになったようですね。当地も朝方は氷点下20度くらいまで下がりました。さて、なかなか優雅な昼餉を召し上がったようですね。豚舌とかトリップとかいまだ食べたことがありません。これは是非ワインなんぞをいただきながら挑戦してみたいところですね。クスクスといえば、その昔屋久島の山小屋でクスクスをこしらえて食べておられる外国からの登山客を見かけました。小麦粉と水だけで作れる、というのは携行食料として優れているかもしれませんね。

Kabochanさん
フランス料理は、ワインがあいますねェ。会社勤めでなければ一杯飲るところでが・・・。
ところで、屋久島に行かれたことがあるのですね。北海道といい屋久島といい、行動範囲が広いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 築地/C’EST CHOUETTE(ランチメニュB):

« 銀座 /中華 三原(ニラ炒めライス) | トップページ | 新橋/玲玲(四川風辛チャーハン) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ