« 小金井市/滄浪泉園(庭園) | トップページ | 銀座 /中華 三原(ニラ炒めライス) »

2014年1月13日 (月)

心斎橋(大阪)/はり重カレーショップ(ビーフカツカレー)

私の生まれは大阪府堺市である。
生まれ育った家は、今も母が住んでいる。
帰省する時は、寄り道はあまりしないで生家に直行することが殆どである。
しかし、2年半前の6月は母が骨折して入院しており、病院の食事が今一つと言うので、心斎橋の「福寿司」に立ち寄って「大阪寿司」を買って病院に持って行ったことがあった。
「大阪寿司」には、玉子の薄焼きで包んだ巾着もあるが、この時は酢飯と寿司だねを木枠で押して作られた「箱寿司」を選んだ。「箱寿司」は、鯛、海老、穴子、鯖、が用いられており、それぞれが素材の特長を活かした綺麗な色合いで配されている。
これを病院に持っていったら、母はことのほか喜んで食べてくれたのであった。

Dsc03602 福寿司

Dsc03603 福寿司のディスプレイ

「箱寿司」を買った後、昼食を求めて難波方面に歩いていったが、道頓堀の橋(昔、阪神タイガースが優勝した時に、道頓堀川に人が飛び込んだあの橋)まで来たところで「はり重カレーショップ」があったことを思い出した。

Dsc03605 2011年6月4日の道頓堀橋

「はり重」というのは、もともとは大阪ではステータスの高い「すき焼き」の店で、価格もその質の良い牛肉とステータスに合った価格となっている。
しかし、「はり重カレーショップ」というのは、まさにカレーを食べる店であって価格は1,000円程度とお手ごろになっている。
ただし、「はり重」の仕入れた肉を用いるのであるから、美味に違いない。

Dsc03611001 はり重カレーショップ(御堂筋に面している)

実のところ「はり重カレーショップ」に入るのは、人生初めてであった。
テーブルに案内されて、メニュを見ると、牛肉系以外にも鶏肉や豚肉、海老と言った素材のカツを単品で供したり、あるいはカレーと合わせたりしている。また、価格も手ごろである。
「ビーフワン」というのが目に留まったが、最も人気の高いと評される「ビーフカツカレー」を注文した。

Dsc03606001 メニュ

カツカレーなのに供されるまで随分と時間がかかった(ように思った)が、なんとカツは作り置きではなく、オーダーを受けてから揚げていたのであった。
アツアツのビーフカツがご飯の上に並べられ、これにカレーのルーがかけられていた。
向かいに座った相席のおっちゃんは常連であろうか?「トンカツ」を注文していたが、当方は「ビーフカツカレー」を美味しくいただいて、店を後にしたのであった。

Dsc03607 ビーフカツカレー

« 小金井市/滄浪泉園(庭園) | トップページ | 銀座 /中華 三原(ニラ炒めライス) »

大阪(カレー)」カテゴリの記事

コメント

すき焼き屋が営むカレーショップとは意表をつかれました。ステーキ屋の牛丼とかならイメージしやすいのですが・・・。しかしさすが食い倒れの大阪というべきか、しっかりボリュームもある肉でありながら、たいへんリーズナブルな価格設定は素晴らしいですね!

Kabochanさん
すき焼き屋さんと言うよりは、肉屋さんが営む店ですね、「はり重」は。
「はり重カレーショップ」は昔から庶民の味方的な位置づけにある店でした。
価格設定は納得のいくものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心斎橋(大阪)/はり重カレーショップ(ビーフカツカレー):

« 小金井市/滄浪泉園(庭園) | トップページ | 銀座 /中華 三原(ニラ炒めライス) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ