« ソウル(韓国)/友人[Limさん](新年を寿ぐお菓子) | トップページ | 西荻窪/ささら亭(居酒屋) »

2014年1月 4日 (土)

西荻窪/ビストロさて(ビストロ)

西荻窪と総称される町は、JRの西荻窪駅を中心にして、東西に走る中央線の南北に広がる町である。
駅を出てほんの数分歩けば、北側も南側もそこは住宅街となっており、北側には「杉並児童合唱団」や「東京女子大学」があり、文化的な町でもある。繁華街はレストランあり、居酒屋の密集エリアあり、商店街あり、セレクトショップあり、と賑やかではあるが、同時に全体は均整のとれた落ち着いた町となっている。
私は西荻窪の町が好きで、機会があれば訪れるようにしている。

さて、西荻窪駅の南口を出て、駅前の小さな商店街を抜けるとそのまま南方向に一直線に伸びる道がある。この道の両側には種々様々な店が軒を連ねており、その内の一軒が「ビストロさて」である。

Dsc01897 ビストロさて

「ビストロさて」に初めて入店したのは、2012年の5月末の夕方であった。
この日は初めて西荻窪の南側に来たのであった。
通り沿いに夕食を採る店を探しており、「ビストロさて」の前まで来たところで、とても落ち着いた感じがしたので入店したのであった。
この時には先客が4人窓際の席を占めていたことから、奥のカウンター前のテーブルに案内された。マダムによると、私が店の前を往復していたのを見ていたらしい。
マダムの話では、店を始めて29年になる(2012年現在)とのことであった。
栄枯盛衰の激しい飲食業界で30年近く営業を続けてこられており、最初に持った「地元で根付いている店」との印象は当たったのであった。

料理の品揃えはバランスがとれており、どれも味とヴォリュームは申し分ない。
私は、「テリーヌ」、「リエット」、「トマトのファルシ」、「自家製ソーセージ」が好みであり、いずれの料理にも厳選された新鮮な野菜が豊富に添えられている。
マダムは写真好きで、メニュー以外に写真でも料理が分かる様に工夫されており好印象である。

Dsc03509 トマトのファルシ

Dsc03518 自家製ソーセージ

ワインも取り揃えてあって、いずれもリーズナブルな価格設定がしてある。この中で、チリ産の有機ワイン「Cono Sur  Cabernet Sauvignon」(3,000円)が良かった。このワインはエチケットに自転車がデザインしてあり、自転車ライダーであるKincyanさんが気に入っていた。

Dsc03507 チリ産有機ワインCono Sur

Dsc03520 エチケットには自転車

Dsc07494001_2 Reference:HUGH JOHNSON'S POCKET WINE BOOK

 

ある日、6時の開店直後に入店したことがあった。
この日は7時半頃まで誰も来なかったので店主夫妻との話が弾んだ。
店主は加須市のご出身で、信州大学を卒業された。大学には6年間居られて、中央アルプスの有名な山小屋でアルバイトをしておられたとのことである。
マダムは、石神井のご出身で、以前は「ビストロさて」の前にあった店(今はもう無い)で働いておられたが、大恋愛の末結婚に至ったということであった。
ご夫婦で時々フランスに出かけられるとのことで、店主はカトラリなどを購入され、マダムは写真を撮られたりされたりするとのことである。マダムの採られたパリの街の写真を見せていただいたが、なかなかのものであった。
この店には店主とマダムの人柄を慕って訪れる人が多いが、中には芸術家やトライアスロンの3年連続世界王者という人も良く来られるそうである。
店主は近隣では高尾山にも出かけられるとのことで、一般には知られていないポイントを教えていただけた。

記憶が確かではないが、2014年は「ビストロさて」にとっては創業30周年の記念となる年ではないかと思う。
近々夕食をいただきに行って、確認してこようと思っている。

Dsc01890 2012年のランチメニュ

« ソウル(韓国)/友人[Limさん](新年を寿ぐお菓子) | トップページ | 西荻窪/ささら亭(居酒屋) »

西荻窪(フランス料理)」カテゴリの記事

コメント

「さて」とはずいぶん変わった店名ですね。しかしながら料理だけでなく居心地もよさそうな店で、いつものことながら貴兄の確かな選択眼に敬服しております。ところで冒頭の「杉並児童合唱団」の記述には驚きました。小生が悪童だったころ「超音波」というあだ名を奉った同級生が、確かかの合唱団に入っていたはずです。顔ももはや思い出せない、40年前の思い出であります。

懐かしいですね。J氏さんに連れて行って頂いてから3回行きました。一度は先輩の送別会、やはりいい雰囲気でした。少し遠いですが、良心的な店ですので、今後も贔屓にしたいです。

Kabochanさん
「ビストロさて」の名前の由来は尋ねたことがありませんでした。一度機会があれば訊いてみようかと思います。
Kabochanさんが悪童であられたというのは、俄かには信じ難いものがありますが、「超音波」さんはきっとすごく高い声を出せる方だったのでしょうね。40年前ですか・・・。

Kincyanさん
「ビストロさて」はKincyanさんの家からは若干遠いかもしれませんね。
良い店ですから、チャンスがあればまた行きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西荻窪/ビストロさて(ビストロ):

« ソウル(韓国)/友人[Limさん](新年を寿ぐお菓子) | トップページ | 西荻窪/ささら亭(居酒屋) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ