« 日本橋/泰明軒(ネギチャーシューメン) | トップページ | 汐留/喜多方ラーメン坂内(焼豚ラーメン) »

2014年1月28日 (火)

銀座/古窯(ビーフシチュー)

朝の会議が終わって会議室を出ると、そこに同期入社のHH氏がいた。
久しぶりに昼食に出ようということになり、12時に1階で待ち合わせて銀座方面に行った。
特に行先を決めて出たわけではないので、歩きながら相談していると、HH氏お勧めのビーフシチューの店が7丁目にあるというのでここへ行った。
HH氏自身は場所は記憶しているが、店の名前が出てこない。思い出そうとしている内に、店に到着した。

Dsc07948 古窯(2階入口)

Dsc07950 古窯(花椿通に面した1階入口)

その店の名前は、「古窯」といい、山形県上山市にある「古窯」という名の旅館が銀座に開いた店で、米沢牛を主体にした料理を供するということであった。

Dsc07947 「米沢牛優良賞牛購買者賞」が入口に飾ってある

12時15分頃に入店したのであったが満席で、暫く待つことになった。
5分程で席に案内されたが、周りを見回してみるとほとんどが年配の女性であった。多分、11時半の開店に合わせて訪れたのであろう。
メニュを見ると、ランチメニュということで、ビーフシチュー以外にもいろいろ揃えてあった。
我々は、当初の目的であったビーフシチューを注文した。正式名称は「和風ビーフシチュー定食」である。

最初に、ご飯や香の物、味噌汁などがお盆に乗せられて運ばれてきた。
次いで、ビーフシチューが台に乗せられて供されたが、冷めないように銅製のフードカバーが被せられて出てきた。この銅製フードカバーが大変立派な代物であった。

Dsc07942 銅製フードカバー

ウェイトレスさんが、これをカパッと取ると湯気がフワフワと立ち上った。(実際は、持ってこられて直ぐにフードカバーは取られるのであるが、ウェイトレスさんにお願いして写真を撮らせていただいた。私は実に迷惑な客である。)

Dsc07944001 和風ビーフシチュー定食

具材は、米沢牛の塊が数個入っており、これらが口中でホロりとほぐれていく。また、山形の野菜であろうと思われる「里芋」、「人参」、「豆腐?」、などが入れらており、美味しくいただいた。
味はまさに正統派ビーフシチューであって、歌舞伎座のそばにある「銀の塔」にも引けを取らないように思う。
銀座の有名店と同等の味にして、価格はリーズナブルである。
多くの人が訪れるわけである。

Dsc07938 ランチメニュ

Dsc07943 玉子がセンターで半熟に仕上がっていた

« 日本橋/泰明軒(ネギチャーシューメン) | トップページ | 汐留/喜多方ラーメン坂内(焼豚ラーメン) »

銀座(洋食)」カテゴリの記事

コメント

いやあ、このフードカバーは確かに写真を撮りたくなる逸品ですな。(ご同行の方にどのような口実をつけられたのかはちと気になりますが・・・。)米沢牛なら味の方もすこぶるよろしそうですね。里芋やら豆腐やらが入っているというのも興味深いです。

Kabochanさん
フードカバーの実物はなかなかの物でした。
同行の同期HH氏は、写真を撮るのが私の趣味で、ブログをやっているとはつゆ知らずの状態です。
会社関係者には、辞める時に教えることにするつもりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/古窯(ビーフシチュー):

« 日本橋/泰明軒(ネギチャーシューメン) | トップページ | 汐留/喜多方ラーメン坂内(焼豚ラーメン) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ