« 府中/東京競馬場(競馬初心者向け体験型講座) | トップページ | 銀座/銀座 天国 本店(お昼天丼) »

2013年11月25日 (月)

銀座/なんどき屋(玉子焼き定食)

Dsc06697 なんどき屋(左隣は風鈴屋)

「ちりちりラーメン風鈴屋」へ行ったら店の前にテーブルが2卓出ていて、既にそこでは数人のサラリーマンがラーメンを啜っていた。
さらに、店の前には二人が待っている状況であったので、隣の「なんどき屋」に入った。

Dsc06692 先々代店主の口上

12時10分頃の入店であったがまだ誰も来ておらず、入店第1号となった。が、ものの5分もしないうちに満員となった。定員7人のカウンターだけの人気店であるから、満員になるのも速い。なお、帰る時には外でオッチャンが待っていた。

Dsc06689 御献立

今日は「玉子焼き定食」(580円)を注文した。
具材は、玉子に葱であって、いわゆる葱のオムレツである。
女将さんから味付けについて訊かれるのであるが、基本的な味には「あまい」のと「からい」のとがあって、今日は「あまい」のをお願いした。
香の物は「白菜と大根の浅漬け」、味噌汁は「豆腐とわかめ」。
好みによって後から調整する味付けには「ブルドッグソース」と「マヨネーズ」で、それぞれ業務用(?)の大きな容器で出された。

Dsc06696 玉子焼き定食、マヨネーズ、ウスターソース

« 府中/東京競馬場(競馬初心者向け体験型講座) | トップページ | 銀座/銀座 天国 本店(お昼天丼) »

銀座」カテゴリの記事

コメント

玉子と葱のオムレツで「からい」はともかく「あまい」という味付けが想像できません!だし巻き卵風にほんのり甘みがついている?でも葱もはいっているのに?さらにそれにソースやマヨネーズ?どうかお暇があるときに小生の疑問を解いてください。実際にお店に伺って食べられたら一番いいのでしょうが・・・。

Kabochanさん
これは難しいご質問ですねェ。
まず状態ですが、炒めたネギ(白い部分がある葱)が玉子で包んであります。即ち、具材が炒めた葱だけのオムレツです。巻いてはありませんので、「出汁巻き」とは異なります。
味ですが、玉子に砂糖が少し加えられているのでしょう。甘味の付いた玉子がオムレツを形成する玉子です。これで全てです。
出来上がったオムレツにまずウスターソースをかけます。マヨネーズは、横のキャベツの辺りに絞り出し、オムレツに適宜付けて食べるのです。
したがって、玉子自体の甘味と後添加の甘味、それに葱の味、ソースの味が絡んでおり、その上にマヨネーズの酸味(?)が渾然一体となった味です。そして、これが結構いける味となっております。
関西風お好み焼き屋さんで、玉子をオムレツ風に焼いて、これにお好み焼きソースとマヨネーズをかけて食べるのと、発想は同じかと推察しております。

小金井のジャッカル様
早速に詳しいご説明をありがとうございます。個人的には塩味の方が美味そうだ、と感じてしまいますが、関西風お好み焼き屋さんの味、というのはわかりやすいたとえでした。昔明石のあたりで「ねぎ焼き」を食したことがありますが、その際にはソースではなく、しょうゆベースの専用の(?)たれが出てきたように記憶しております。

Kabochanさん
適切な表現ができなくて、申し訳ありません。
それと、私未だ明石で蛸に係わるものを食したことがありません。
コメントすることが叶わず、汗顔の至りでございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/なんどき屋(玉子焼き定食):

« 府中/東京競馬場(競馬初心者向け体験型講座) | トップページ | 銀座/銀座 天国 本店(お昼天丼) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ