« 銀座/豚児(とんかつライス) | トップページ | 銀座/白鶴酒造東京支店(セミナー:銀座で醸す日本酒造り) »

2013年10月25日 (金)

銀座/Co Lab

Dsc05971 金春通の面した店への入り口

先週の「鳥繁」の帰りに「ミシュラン云々」という幟を見たのを覚えていたことから、まずは興味本位で初入店となった。

Dsc05969 入口

金春通にあるビルの入口から螺旋状の階段を下りていくと、店の入口に着いた。店中は、左手にカウンター席、右手がテーブル席となっている。

Dsc05960 メニュ

カウンター席に案内されて、お昼のメニュが渡されたところ、限定10食という「豚とろのワイン仕立てセット」があるということで、これを注文した。
次いでメニュの裏側に書いてある飲み物から選ぶように訊かれたので、アイスティーにしようかと思ったが、ジンジャーエールにした。どうせ小さいグラスで出てくるのであろうと思っていたら、予想に反して氷は入っていたが大きいグラスにたっぷり入れて出してくれた。

Dsc05962 ポタージュスープ、サラダ、ジンジャーエール

料理としては、まずポタージュスープとサラダが供された。
ポタージュスープは熱いと言われてたが、それほどでもなく、程よい塩加減でであるとともに、滑らかな舌触りであった。
サラダはレタスとコーンにドレッシングがかけてあった。ドレッシングは美味しかったが、自家製であろうか?

Dsc05964 豚とろのワイン仕立て

Dsc05967 豚とろのワイン仕立て(ポーチドエッグはフォークで崩した)

メインである「豚とろのワイン仕立て」は、あたかもとろとろに柔らかい豚の角煮から醤油味を抜いて、これをデミグラスソースで暫く煮込んだような味で(作り方は全く違うに決まっている)、塩味を若干強めに仕立てたデミグラスソースをポーチドエッグが和らげることで味のバランスがとれるという、計算された一品であった。
なお、敢えて希望を述べるなら、ご飯の量をもう少し多くして欲しいところである。

さて、接客をしてくれた青木氏は、汐留シティセンタービルができた当初(ちょうど10年前)、このビルの上階にある「オレゴンバーアンドグリル」で雇われていたが、その後「うかい亭」で最年少のコックとして鉄板を任されたそうである。
なお、青木氏によると、夜は飲み放題付で料理の量もたっぷりのコースが4,000円からある、という。一度会社の若いのを連れて行ってみようか?

« 銀座/豚児(とんかつライス) | トップページ | 銀座/白鶴酒造東京支店(セミナー:銀座で醸す日本酒造り) »

コメント

貴兄のブログを拝見していると、銀座のサラリーマン諸氏の肥えた舌と厳しいコスト意識を満足させるために、各店とも知恵の限りを尽くし、ハイレベルの戦いをくりひろげている様子がよくわかります。久しぶりの洋食の話題、ちょうどこってりしたものを食べたい気分だったので、実に羨ましい限りです。

J氏さん
ここは、夜は飲み放題だけなんですかね。むしろ夜のコースを食べてみたいですね。銀座は激戦区ですから、そこで生き残ってきたオーナーは、腕が確かなのでしょう。こういう職人ポイ人は好きだな。(それにして、食べ物にたいする記述は、繊細になってきましたね^^)

Kabochanさん
深夜にも拘らずコメントを有難うございました。
この「Co Lab」は初めてでしたが、料理人さんのコダワリというものを感じました。もう少し通わないと実態は把握できませんが・・・。

Kincyanさん
今日は自転車は休みですか?
さて、ご質問の件ですが、青木氏からはコース以外にもアラカルトがあり、またワインもリストからハイグレードのものを注文できるとの話がありました。一度行ってみますか?
それとアイデアだけですが、今度白鶴セミナーの後(8時半以降になりますが)、「俺の・・・」に行ってみませんか?この時間ですと、行列は短いように思いますが。

J氏さん

今日は大阪です。おやじの晩飯をつくったあと、東京から来た友人と飲みに行きます。次回白鶴セミナーのあとに「俺の..」に行く件、OKです。せいぜい自転車に乗って体重を落としておきますよ。

Kincyanさん
大阪でしたか。
「俺の・・・」の件、よろしく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/Co Lab:

« 銀座/豚児(とんかつライス) | トップページ | 銀座/白鶴酒造東京支店(セミナー:銀座で醸す日本酒造り) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ