« 銀座/Tommy Bahama(カフェオレ) | トップページ | 築地/新三浦(親子丼) »

2013年10月10日 (木)

銀座/筑紫楼(五目炒飯)

Dsc05598 エントランス(B1F)

OBのAT氏と昼食に出た。AT氏にとっては久しぶりの銀座であり、行先の候補を挙げたら「筑紫楼」が良いとおっしゃった。11時半過ぎに入店したら、まだ客数は少ないが、人生にゆとりのありそうな女性客ばかりであった。

入店が早かったせいでもあるが、正面右奥の2人用ブースに案内された。メニュを見たら、担担麺やレタス炒飯などが目に入ったが、久しぶりに「五目炒飯」を選んだ。AT氏はランチメニュから豚肉の何チャラ(1,200円)を注文された。ジャスミン茶を喫しつつ待っていると、出てきた豚肉の何チャラは、いわゆる豚肉のチンジャオロースのようであった。

Dsc05590 ジャスミン茶(ろうそくで加熱している)

Dsc05591 五目炒飯(スープが付く)

一方、「五目炒飯」には、確認した範囲ではチャーシュー、エビ、玉子、玉ねぎ、青ネギ、が用いられており、町場の中華料理店と比較して具材の割合が多いように感じた。このあたりに高級中華料理店の真髄を見たように思う。(町場の中華料理店の炒飯も大好きであり、いつも楽しんでいただいている。誤解なきよう。)また、スープも鶏がらスープではなく、溶き卵や野菜が入れられていた。

Dsc05596 五目炒飯(拡大)

12時10分頃に席を立ち、エントランスに向かう間に店内を見ると、円熟したご婦人方でいっぱいであった。

Dsc05601 エントランス(1F、左隣はTommy Bahama)巨大フカヒレが目印

« 銀座/Tommy Bahama(カフェオレ) | トップページ | 築地/新三浦(親子丼) »

銀座(中華料理)」カテゴリの記事

コメント

なるほど、これが銀座の高級チャーハン という感じです。炭水化物が少なめというのも、われわれ腹回りに気を使う人達にも良いです。美味しいものを、少量というところが上品です。

Kincyanさん
筑紫楼も銀座アスターもどちらの炒飯も美味しいですが、一人で食べきるにはどちらも量が多いです。
もう少し少なく、かつ価格が低ければ訪問頻度は増えるのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/筑紫楼(五目炒飯):

« 銀座/Tommy Bahama(カフェオレ) | トップページ | 築地/新三浦(親子丼) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ