« 工事中 | トップページ | 銀座/中華三原(広東麺) »

2013年9月 4日 (水)

銀座/伊勢廣(焼き鳥4本丼)

久しぶりにOBで顧問のAT氏が出社されたので、昼食のお供をした。行き先についてご下問があったので、「筑紫楼」、「ラージマハール」、「伊勢廣」を候補に挙げたら、「伊勢廣が良い」とのことで、並木通を「伊勢廣」に向かった。

Dsc04729 入口

「伊勢廣」と決まったことで、昼食は「三日続けての焼き鳥丼」となった。今日はいつものカウンター席ではなく、並木通側にあるテーブル席に着いた。テーブル席には綺麗な器に入った、薬味の唐辛子、塩、山椒(瓢箪の中)が並べられており、その隣には蒔絵のような呼び鈴が置いてある。

Dsc04719 左から、山椒、唐辛子、塩、爪楊枝


Dsc04727 電子呼び鈴(外装は合成樹脂)

注文したのは、「焼き鳥4本丼」である。ここのは1,300円と値が張るが、それだけの値打ちはある。ささみ、葱を皮で巻いたの、つくね、普通のしし唐が挟まった焼き鳥、の4本が載せられている。いずれもそれぞれの個性が出ていて美味である。鶏の肉はここ3日に食べた焼き鳥の内で最も弾力があるが、硬いというのではなく程好い噛み応えである。つくねもしっかり繋がれており、他店のフワフワも良いがここのしっかりしたのも良い。ご飯の上の海苔は敷き詰めるというのではなく、少し大きめの短冊状のものがパラリと散らばっている程度である。にも拘らず海苔の香りが鼻孔をくすぐる。

Dsc04722 焼き鳥4本丼

スープは昨日の店と同じくサラサラ系であった。なお、店の名刺が紙からプラスティックになっていた。

Dsc04721_2 スープ

Dsc04718 店内

Dsc04728 店内

« 工事中 | トップページ | 銀座/中華三原(広東麺) »

銀座(焼鳥)」カテゴリの記事

コメント

三日連続焼き鳥丼とは、銀座の鶏(?)には受難の週ですな。はからずも段々と格が上がっていく様子を興味深く拝読させていただきました。懐具合に合わせてお店を選べるというのはいいですね。小生としてはいろいろな味を堪能できそうな本日の伊勢廣さんに一票を投じたいです。ところで最後の写真に写っている巨大な丸いものはなんでしょう?手前の飾りは唐辛子かと見受けましたが・・・。

kabochanさん
銀座には焼き鳥を扱う店がたくさんあり、それぞれに工夫を凝らしているようです。その中でも、伊勢廣銀座店は秀逸だと思います。京橋の本店についてはいづれ書きますが、銀座店の方が上位にあるようです。
ご質問の巨大な球体はどうも「杉玉」らしいですが、今度行ったら聞いてみます。それまで待っていて下さい。(最近物忘れがひどく、忘れたらすみませんということになりますが・・・。)

早速のお返事恐縮です。小生も杉玉か?と思ったのですが、普通は酒屋の店先に吊るすものという認識だったので、鳥屋になぜ、と疑問に思った次第です。貴兄は馴染の店も多数お持ちのようで、伊勢廣さん再訪もずいぶん先になりそうですから、とりあえずご放念ください。

kabachanさん
本来「杉玉」は酒屋が新酒ができた、あるいは入荷した時に合図として店先につるすものらしいですね。焼き鳥屋に杉玉のイワレについては次回聞いておきます。しばしご猶予をお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/伊勢廣(焼き鳥4本丼):

« 工事中 | トップページ | 銀座/中華三原(広東麺) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ