トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

銀座/銀座 梅林(エビフライ丼)

今日の昼食は朝から決めていて、梅林に向かった。

というのは、昨夜帰宅の電車の中で、とても清楚な母親と小学校の高学年になろうかという年頃の娘さんが私の前に立っていて、きれいな東京弁(と思う)で夕食の相談をしておられた。聞くとはなしに聞こえてきた話の内容を掻い摘んで言うと、夕食のおかずには娘さんのリクエストに応えて彼女の好きな「マカロニサラダ」を作ることに決定したが、ではメインのおかずを何にしようか、というものであった。

私なら、マカロニサラダに合い、かつ自分の好きなものをである「エビフライ」あるいは「トンカツ」、はたまた「鶏のから揚げ」がいいなアと思っていたことから、一晩過ぎて今日の昼食に結びついたのであった。

梅林には、「かつライス(トンカツ)」や「かつ丼」があり、最初はこれらのどちらかにしようと思いながら店に向かったのであった。が、「エビフライ丼」を思い出し、これを躊躇なく注文した。とても美味しかった。

因みに、清楚な親子が夕食のメインに決めたのは「ホッケ」であった。

Dsc04180e_2 銀座 梅林


Dsc04178 エビフライ丼

2013年7月30日 (火)

銀座/泰明庵(冷かきあげそば)とLindt

Kincyanさんから早朝にメールが送られてきて、今日の昼は銀座に現れるという。早速返事をしたため、11時半に落ち合って昼食をともにすることとした。

Kincyanさんとは、40数年の知己であり、阿吽の呼吸で「泰明庵」でそばと決まった。

泰明庵には、メモを見ると2005年から週3回程度の頻度で通っていたが、とあることがきっかけで約1年ほど足が遠のいていた。なんとなく気後れしながらも暖簾をくぐると、Fさんが変わらぬ笑顔で迎えてくれ、久々の挨拶を交わした。

続いて2階へ行きAさんともにこやかに挨拶を交わし、しばし歓談できた。女将さんも元気で、皆さんと久しぶりに会えて気持が和んだ。

さて、久しぶりの蕎麦は「冷かきあげそば」を注文し、変わらぬ味を堪能した。因みに、Kincyanさんは生しらす丼と冷たぬきのセットで、Kincyanさんは美味しいと言いながらダイナミックにかきこんでいた。

Dsc04155 泰明庵/暖簾は夏仕様


Dsc04140 冷かきあげそば/おつゆがゼッピン


Dsc04143 生しらす丼と冷たぬきのセット

おなかも満ち足りたところで、甘いものを食べるのが最近の我々のパターンとなっており、今日はLindtに向かった。

時間が早かったせいか先客は1組のみで、Kyncyanさんの好みで最も並木通に近いテーブル席に座った。店内からも道行く人々が良く見えるが、逆に道行く人々からも我々は見えている。外を見ているときに目が合うと、相手も戸惑った顔をしている。

今日は念願のプロフィットロールキャラメルショコラを注文し、写真に収めた。前回OBのYH氏と入店した際に、カメラのバッテリーが切れて撮影できなかったので、今回は本懐を遂げることができた。なお、Kincyanさんはショコラグラッセリエジョアであった。

Dsc04166001 Lindt


Dsc04160 プロフィットロールキャラメルショコラ


Dsc04161 ショコラグラッセリエジョア

2013年7月29日 (月)

銀座/中華 三原(タンメン)

三原に通い始めてから何年になるであろうか?多分最初に伺ったのは2003年頃からであろうから、もう10年になるのであろう。今では、店のお姐さんたちに常連の一人として処遇して頂いてるように感じている。

さて、今日は先日購入したカメラの件で7丁目のニコンサロンへ行き、その後三原に赴いた。注文したのは来店した人の多くが食べている「タンメン」である。豚肉とキャベツ、人参、キクラゲなどの野菜がたくさん入っており、塩味のスープとからんでとても美味しい。

この三原のある路地の奥には、数か月前にオープンしたマンハッタンテイストの店や、先週開店した穴子料理屋「ひらい」が並んでおり、特に「ひらい」には三原並みの行列ができていた。三原の行列はサラリーマン主体であるが、ひらいの方はご婦人方が主体である。客層が異なるので、客の取り合いにはならないと思うので、お互いにこの路地を盛り上げていってくれればと願う次第である。以前と比べるとこの路地も活況を呈するようになってきた。

Dsc04131 中華三原/雨でいつもより行列は短い。奥は穴子料理屋の行列

Dsc04135 タンメン

2013年7月28日 (日)

新小金井街道/ラーメン街道

今日は昼食後、散髪に行ってきた。理髪店は新小金井街道に近い。

この新小金井街道沿いにはラーメン屋さんが多く、私が通う理髪店に一番近いのが「幸福軒」である。以前は「まんぼう亭」という名の店で、親父さんと女将さんが切り盛りしていたが、一昨年であろうか閉店となっていた。

「幸福軒」のラーメンは、「無化調(化学調味料無添加)」を謳っており、塩味も醤油味もともにスープはさっぱりしている。全部で7種類の内、「ハネチキ塩」と「ハンチキ醤油」食べたが、いずれも美味しかった。

夏場は、かき氷も食べることができ、ラーメンを食べた人は半額になると、店のお兄さんが言っていた。

昨夜と今夜は、武蔵小金井駅のある小金井街道沿いで「小金井阿波踊り」が開催されているが、人の流れはここまでは届いてはこないかも。

Dsc03467 幸福軒/入口

Dsc03463 ハネチキ塩

2013年7月27日 (土)

第1回

今日からkincyanの勧めによりブログを始めます。

内容は日々の生活の中で興味を持ったことが中心になりますが、多分食べ物に関することが主なことになると思っています。

なお、「小金井のジャッカル」は小金井市を拠点にしていることと、本棚にあったDVDのタイトルを参考にして名付けたものです。

さて、昨日はkincyanに三田にある「コート・ドール」という本格的フランスレストランで最高の料理をごちそうになりました。私の人生で思い出に残る食事の一つとなりました。

Dsc04061p_2 コート・ドール/エントランス

トップページ | 2013年8月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ